◆◆Internet Explorerでは正しく表示されない場合がございます。
Google Chrome、Microsoft Edge、Safariなどのブラウザをご利用の上ご参照ください◆◆

出張によって排出されるCO2とは?

出張をする上で、CO2の排出は避けては通れません。実際にどのような排出パターンがあり、それを管理する上でどのようなタスクがあるのかを認識し、着実に取り組んでいくことが重要です。

飛行機 列車 自動車 宿泊
飛行機は、大量の燃料を消費し、他の交通機関と比較してCO2を多く排出します。東京‐LAの 1回の出張で1トン以上のCO2を排出します。 列車の排出量は、自動車と比較して7分の1であり、環境負荷の少ない輸送機関と呼ばれています。   東京-新大阪間の1回の出張で26kgのCO2を排出します。 自動車の排出量は、全体で見ると航空移動よりも多いと言われています。kmの走行約1kgのCO2を排出します。 宿泊施設では、空調や照明等の電力使用や清掃における水使用、大浴場や廃棄による燃料使用など、様々な活動がCO2の排出に起因します。一泊あたり約30のCO2を排出します。

環境省/経済産業省「サプライチェーンを通じた温室効果ガス排出量算定に関する基本ガイドライン(ver.2.3)) 」参考

▼排出量管理に必要な3つのポイント▼

  • 算定範囲の設定
  • 算定方法の選択
  • 必要データ集約体制構築
  • 選択した算定方法に対応する削減活動
  • ユーザビリティ維持が可能な削減プランの構築
  • 社員の意識改革
  • 継続的かつ定期的な排出量 管理
  • 変化する外的要因への対応

CO2排出量管理サポート サービス内容ご案内

1.算定方法計画 2.データ収集+算定 3.削減プラン構築 4.継続的管理
算定目的やデータの管理方法、出張傾向等の企業状況に応じた算定方法の選択 計画した算定方法に必要なデータを継続的に収集できる体制の構築 企業の出張傾向と選択した算定方法に応じた削減活動の計画と体制構築 定期的な排出量分析と、社内状況や変化する外的要因に応じた算定方法・削減プランの見直し

サービス導入の流れ

 

 

■CO2排出量管理サポートに関連するコラム・お役立ち資料もぜひご覧ください■

出張×SDGs -これから求められる持続可能な出張とは-

【シリーズ ESG/SDGs】SAF/Sustainable Aviation Fuelが出張にもたらす影響とは?

新しい出張の形 SBT -サステナブル ビジネス トラベル-

 

まずは現状の確認から。無料相談も受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。