企業においては、経費の透明性確保やガバナンス強化への取組みが重要視され、出張費の適正管理・運用は最重要課題となっています。

その一方、様々なサービスやツール出回る現代、社員が個々のデバイスを活用する事で利便性高く出張を可能にするニーズが高まりつつあります。

トップレップがめざすのは「内部統制」と「社員の利便性」の両立。

既成の運用方法にとらわれず、自由な手配方法を取り入れながらも、企業にとって管理レベルの高い体制を保っていくことが、真の「出張管理」であると私たちは考えています。