◆◆Internet Explorerでは正しく表示されない場合がございます。
Google Chrome、Microsoft Edge、Safariなどのブラウザをご利用の上ご参照ください◆◆

国内出張を開始する前に 企業が考えなくてはならない 5つ のこと


労働安全確保

コスト管理

働き方改革

ガバナンス強化

環境保全
出張可否判断
適正な出張承認
リスク対策強化
購買ガイドライン策定
最適価格での購入
出張の厳選
WEB会議の促進
多様化する
      予約手段への対応
業務効率化
規定遵守
属人的判断の防止
出張モニタリング
温室効果ガス削減
環境資源の保護
社員意識向上

 ポイント 

社員とその家族、そして地域社会の「安全に関する意識」が高まる中、
手配方法が多様化している国内出張においては、社員を守る出張基準中央管理の徹底が重要です。
ESG(環境・社会・ガバナンス)が企業の価値を測る新しい基準となっています。
出張はこの3つの要素に大きな関りを持っています。ESGを意識した早めの対策をお勧めします。

国内出張 具体的な改革手順

 出張動向の分析 出張先、宿泊地、移動手段、出張目的を洗い出し傾向を分析

 出張可否判断基準の見直し 不要不急の出張とは?出張許可を出す基準を明確化

 課題ごとの対策プランを構築

1. 労働安全確保 ■ 安全基準の社内定義化 ■ 航空会社選定基準 ■ ホテル選定基準
■ 情報ソース選定支援 ■ 出張承認フローおよび体制の見直し ■ 社内周知方法の拡充
■ 社員教育プラン(出張規定・ヘルスリテラシー)
2. コスト管理 ■ 最適購買プラン構築 ■ ホテルプログラム構築
3. 働き方改革 ■ 自社に合った体制・フロー構築支援(予約、出張申請、承認、精算処理、データ集約)
■ システム導入・連携支援(DX) ■ BPO・業務外部委託 ■ べンダー選定支援
4. ガバナンス強化 ■ 出張旅費規程見直し ■ 出張承認フロー構築 ■ モニタリング体制の構築 ■ データ分析
5. 環境保全 ■ 環境保全に配慮した出張プランの構築 ■ 取り組み内容のデータ化 ■ 社外発信支援
■ 社員意識向上

 国内出張再開 

 効果分析・新たな対策構築

トップレップで新しい国内出張の形を構築できます

↓ まずはお気軽に下記のお問合せページより弊社までお問い合わせください ↓

PAGE TOP
MENU