トップレップ、Concur Japan Partner Award 「プラットフォームパートナーアワード」受賞

株式会社トップレップ(本社:東京都港区、代表取締役社長:河村 憲治、以下 トップレップ)は、2017年2月9日、出張・経費管理クラウドのリーダー、株式会社コンカー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:三村真宗、以下 コンカー社)主催の「Concur Japan Partner Summit 2017」において、「Concur Japan Partner Award 2017」の受賞パートナーとして選出されました。

同アワードは昨年創設され、第2回目となる今年から、ビジネストラベルの分野において卓越した実績をあげたパートナーを表彰するアワードや、サービス連携により出張・経費管理の利便性を加速するオープンプラットフォーム戦略に貢献したパートナーを表彰するアワードが追加され、トップレップは「プラットフォームパートナーアワード」を受賞しました。

トップレップは、2016年5月にコンカー社と戦略的な出張改革に向けた連携サービスの提供を開始。サービスの連携により、コンカーが提供する外部アプリケーション連携システム「Concur App Center」を経由して「Concur Travel & Expense」に接続し、コンカーで集約されたデータをトップレップの旅費コンサルティングサービスに繋げることで、ユーザー企業様の出張費の削減と管理強化を推進する仕組みを構築しており、今回その実績を高く評価いただいております。

今後もコンカー社との協業を深め、日本企業の更なる出張経費削減や間接費の最適化に貢献できるよう戦略的な出張改革サービスを提供して参ります。



【株式会社コンカー 代表取締役社長 三村真宗様より】

「この度のご受賞、誠におめでとうございます。トップレップ様は弊社のオープンプラットフォーム戦略に早くからご賛同いただき、弊社のソリューションと連携し、出張旅費のコンサルティングといった新しい価値をお客様にご提供いただきました。この場をお借りして御礼申し上げます。今後も協業を深め、日本市場へのビジネストラベル・マネジメントを浸透させ、日本企業の旅費の最適化をともに推進してまいります。」



■株式会社トップレップについて

トップレップは2015年9月、新事業となる日本初の出張費最適化のためのコンサルティングサービスを開始しました。グローバルで活躍する企業(特に日本企業)を対象として、間接費の中でも特に大きな割合を占める出張旅費の削減・最適化を主軸に、旅費規定やガバナンス強化、サプライヤ契約内容等の交渉代行等のコンサルティングサービス展開いたします。トップレップの詳細については https://www.toprep.co.jp/ をご覧ください。



■株式会社コンカーについて

企業向け業務SaaSベンダーとしては世界第2位の規模である米国 Concur Technologiesの日本法人です。2011年2月に設立されました。コンカーは出張・経費管理の分野でグローバル スタンダードである『Concur Expense』『Concur Travel』『Concur Invoice』をはじめとする従業員のバックオフィス業務を支えるサービス群を提供します。コンカーの詳細についてはwww.concur.co.jp をご覧ください。

ご質問や資料請求は、こちらからお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら