国内出張でも改革余地がある

国内出張では出張管理改革の余地がない、効果が小さい、またはやりきった、など海外出張に比べ改革要素が少ないと思っておりませんか。
トップレップでは国内出張管理についても改革余地が大きいと感じております。
実際、弊社が携わった改革プロジェクトにおいても国内出張管理が改善した例はたくさんあります。
国内出張管理についても、ぜひ一度見直しをおすすめします。

コスト削減

国内出張では出張管理改革の余地がない、効果が小さい、またはやりきった、など海外出張に比べ改革要素が少ないと思っておりませんか。
トップレップでは国内出張管理についても改革余地が大きいと感じております。
実際、弊社が携わった改革プロジェクトにおいても国内出張管理が改善した例はたくさんあります。
国内出張管理についても、ぜひ一度見直しをおすすめします。

業務効率化・工数削減

国内出張を手配・管理するシステムは数多くありますが、本当に業務効率化につながる“いい”システムを使えておりますでしょうか。
例えば、システム上で手配できない交通機関は出張者が直接購入していたり、ユーザーによってはシステムを通さず手配していたり、集約化しきれていない現状はございませんか。
自社の出張傾向によって選ぶべきシステムはまちまちです。
業務効率化・工数削減につながる仕組みをご提案致します。

渡航リスク管理

会社として、出張者の安全配慮義務が取り沙汰されている昨今、渡航リスク管理については早急に対応が必要です。
出張者の渡航状況を会社として逐一把握できる体制は整っておりますでしょうか。
例えば、福岡空港や博多駅に向かう交通機関だけ管理していても、到着後陸路で移動し熊本県や大分県など他県で宿泊することもあります。
移動方法と宿泊先が一体となって把握できている状態でないと渡航リスク管理が万全とは言えません。
また、部や課に任せているといったことも、やはり会社としては管理余地があると言えます。
他社事例も交えながら最適な管理方法をご提案致します。

ガバナンス・コンプライアンス

カラ出張や不正請求はもちろんのこと、限りなくグレーなホテルでのクオカード受取など、国内出張のガバナンス・コンプライアンスを満たす対策や体制は万全でしょうか。
規定や手配フロー、管理体制を標準化することにより継続的なガバナンス体制を整えることが可能です。
過去の不正事例もご紹介しながら、最適な管理方法をご提案致します。

いかがでしたでしょうか。
日本企業の多くは、出張件数で言えば海外出張よりも国内出張の方が多いです。
海外出張の改革は数値効果が大きいので注目が高い分野ですが、一方で国内出張が万全でない企業も多いのが現状です。
一度、海外出張に加えて国内出張の改革にも目を向けてみてください。

ご質問や資料請求は、こちらからお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら