なぜ今、出張費改革を進める日本企業が多いのか(コスト編)

近年、間接費に注目が集まっています。
従来から、ほとんどの企業が部品や素材など自社製品に直結する直接費に関して調達や管理を進め、改革が一定の成果を出している一方、自社製品に直結しない間接費については管理する部門が不明確であったり、コストの詳細が可視化しきれていなかったりと、課題点が多く残る現状にあります。
まだ改善の余地が残る間接費ですが、そのうちのどの項目から手を付ければ効果的でしょうか。こちらの資料では、なぜ今、出張費改革を進める日本企業が多いのかをコストの視点から分析しています。

フォームにご記入頂き資料をご覧ください。

Follow me!