なぜ今、出張費改革を進める日本企業が多いのか(コスト編)

近年、間接費に注目が集まっています。
従来から、ほとんどの企業が部品や素材など自社製品に直結する直接費に関して調達や管理を進め、改革が一定の成果を出している一方、自社製品に直結しない間接費については管理する部門が不明確であったり、コストの詳細が可視化しきれていなかったりと、課題点が多く残る現状にあります。
まだ改善の余地が残る間接費ですが、そのうちのどの項目から手を付ければ効果的でしょうか。こちらの資料では、なぜ今、出張費改革を進める日本企業が多いのかをコストの視点から分析しています。










ご記入いただきました情報は、弊社サービスについてのお問い合わせに関する対応、ご依頼内容に対する状況確認時、関連商品・サービスのご紹介時にのみ使用し、他の目的には使用いたしません。また次の場合を除き第三者に個人データを提供することは行いません。
・法令の定めによる場合
・お客様ご本人および人の生命、身体または財産の保護のために必要な場合
・あらかじめお客様ご本人から同意を得ている場合

弊社が主催・共催するイベント情報などに関する情報を、今後メールでお知らせいたします。メール配信開始後に、配信停止を希望する場合は、配信メールに記載する手順方法によってメール配信を停止することが可能です。


Follow me!